新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

新築、中古

一般的なマンション購入時同様、分譲デザイナーズマンションを買い求める時も新築にすべきか中古にすべきか迷うところではないでしょうか。同じ分譲デザイナーズマンションでも低層タイプと高層タイプではメリット、デメリットが違いますし、新築と中古も諸々の条件が違います。ご参考までに分譲デザイナーズマンションの新築、中古物件についてそれぞれのメリット、デメリットをピックアップしてみたいと思います。

 

まず新築物件最大の魅力は「新しい」と言うことに尽きるでしょう。自分たちが初めての入居者と言うことで、新築と言うステータスを得ることができます。設備も新築物件だけに最新式ですし、特にセキュリティーや台所、浴室などのクオリティーの高さに満足できる筈です。経済的にも不動産会社に仲介手数料を支払う必要がない点も新築分譲マンションのメリットと言えるでしょう。

 

ただし新築だけに価格は高額になりますし、値崩れ率も高くなるのがネックです。更に実際に購入してから住んでみないことには上下左右にどんな住人が住むことになるのか分からない点も不安要素です。

 

一方中古分譲マンションの場合、新築よりも遥かに安い価格で購入することが可能ですし、物件数も全体的に多いので希望条件で探しやすい点も中古ならではの魅力です。上下左右の住民も既に決定しているのでチェックしやすく、マンションの管理運営などの順調度を確認しやすいのもメリットの1つです。実際に見学に行く時もオプションの多い新築のモデルルームではなく、現実的な部屋を見ることができるので客観的に判断しやすい筈です。

 

中古分譲マンションのデメリットとしては、入居時点で修繕積立費などが高額になっている可能性が強いこと、築年数が古過ぎる物件だとセキュリティに問題を抱えているケースが多いこと、築年数によって資産価値が下がってしまっていたり、設備などのメンテナンスで思わぬ費用がかかる点などでしょうか。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市